ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • イタリアGP プレビュー【BMWザウバー編】

    category:F-1 ニュース

回り込み解除



空力面でも最もチャレンジングなチームとも言えるBMWザウバー
モンツァで決勝デビューから3戦目となるクビサはここで13歳の頃からレースを学んだ大好きな場所と言っている。ニックは思い入れのあるサーキットと語り、話題の新人はレスダウンフォース仕様で走るモンツァにはなかなか馴染めなかったようだ。
マリオ・タイセンはヨーロッパラウンド最後のレースをポイント獲得を狙いにいくようだ。



BMWザウバー勢のイタリアGPに向けてのコメントをどうぞ。


ニック・ハイドフェルド

「僕にとって、モンツァでのイタリアGPはいつもと少し違ったグランプリなんだ。それにはいろいろな理由があって、第1に、ロイヤルパーク内のサーキットは、今でもF1が開催されるコースの中で、最後に残った真の高速コースの1つといえる。その速さを分かりやすく説明すると、360km/hの速度で、100mを1秒で走り抜けてしまうくらいなんだ。つまり、0.5秒反応が遅れたら、コーナーのブレーキングポイントを外してしまうということになる。第2に、イタリアはフェラーリの国だ。そしてティフォシたちがいつも特別な雰囲気を作り上げている。3つ目は、モンツァほど縁石を激しく使うコースはないということ、それから4つ目は抜きどころがあるということだ。これはドライバーにとっても、観客にとってもうれしいことだね」





ロバート・クビサ

「F1での3戦目のレースは、僕のよく知っている大好きなコースで行われる。いつも通りにエンジニアと仕事をするつもりだけど、今回は3日間テストを行った貴重な情報があるから、6月に行われたテストでの知識と併せて利用したい。イタリアには長い間住んでいたから、ホームレースといってもいいくらいなんだ。イタリア人はモーターレースを愛しているし、ここは僕が13歳からレース技術を学んだ場所でもある」





セバスチャン・ベッテル

「2度目のグランプリウイークをすごく楽しみにしているよ。テスト中、最初はこのサーキットが全然好きになれなかったんだ。ブレーキングポイントを見つけるのがすごく難しく感じた。でも、いったん理解してからはどんどん好きになっていったよ。ローダウンフォース仕様で正しく走ることは簡単じゃないんだけど、素晴らしいコーナーもいくつかある。もう1つ、僕がなじみにくかったのは、激しい縁石の使い方だったんだ。グランプリウイーク直前にテストをして、フレッシュなデータがあるわけだから、金曜ドライバーとしての僕の仕事は少し楽になるだろう。でも、ディテールを煮つめ、天候とコンディションに合わせたマシンセッティングに仕上げるためには、やっぱり僕の仕事がとても大事な役割を果たすことになる」



マリオ・タイセン(BMWモータースポーツディレクター)

「われわれのデビューシーズンでのヨーロッパラウンド最終戦、ぜひともポイントを取りたいね。イスタンブールでの予選パフォーマンスは、われわれの進歩を証明しており、それが現実的なゴールであることを明確にした。残念ながらレースではポテンシャルを生かすことができなかったが、トルコと同じドライバー陣で、モンツァでは狙いを定めていく。ニックはイスタンブールの予選で特に優れたパフォーマンスを見せ、ロバートはF1での最初の2戦で素晴らしいレースをした。セバスチャンもトルコで非常にいいデビューを果たしている」

「ロイヤルパーク内のサーキットは、飛び抜けて速い高速コースであり、ドライバーとマシン双方の力が要求される。V10エンジンでの全開率は67%だったが、パワーの少ないV8ではテスト中に77%を記録している」


ウィリー・ランプ(テクニカル・ディレクター)

「モンツァは真の高速サーキットであり、マシンはそれに対応してローダウンフォース仕様のセットアップとなる。そのため、他では使われないような専用の空力パッケージが必要とされる。フロントとリアウイングも違うものを使い、ボディーにも数カ所の改造を施した。当然ながらV8エンジンでのトップスピードは過去よりもやや落ちることになるが、それでも340km/hには達するだろう。モンツァは、ブレーキが最高レベルの負荷を受けるサーキットでもある。第1シケインへのブレーキングが最も急激な減速で、かかる重力は5Gを超える。このセクションにはいくつかバンプもあるため、セットアップはブレーキングの安定性に重点を置かねばならない。もう1つ、キーファクターとなるのは、縁石をアグレッシブに乗りこなすことが速いラップタイムにつながるという点だ。かかる力をうまく吸収し、アンバランスにならないマシンでなければできないことだ」

スポンサーサイト

テーマ:F1グランプリ
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

BMWザウバー~イタリアGPプレビュー

9/10のイタリアGPに向けて、BMWザウバーチームのコメントです。ニック・ハイドフェルド僕にとって、モンツァでのイタリアGPはいつもと少し違ったグランプリなんだ。それにはいろいろな理由があって、第1に、ロイヤルパーク内のサーキットは、今でもF1が開催されるコースの中 .....続きを読む

  • 2006/09/02
  • 21:03
  • BMWおたっきーず!Blog - BMW総合情報ブログ
  • Top↑

( ^▽^)

最 新 の 記 事

カテゴリー

全ての記事を表示する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

プロフィール

クールミント

Author:クールミント
タイトルのとおりの普通の関西人です。
セナに魅せられ1987年からのF1ファン。


QR

QRコード

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。