FC2ブログ
ポラロイド写真
  • [F1]フランスGP事前ニュース トヨタ編

    category:F-1 ニュース

回り込み解除

北米2連戦を終えてマニクールを想定したヘレスでの合同テストを経ていよいよフランスGPへ向かうトヨタチーム。特にラルフはチームこそ違うが自身の初ポールと優勝経験もあるサーキットでもある。一方のヤルノは2戦連続ポイント取得と調子も上向きつつある。
そんな2人のコメントです。
トヨタ フランスGP事前ニュース

ラルフ・シューマッハー

「モントリオールとインディアナポリスでの低いダウンフォースレベルの2連戦後、フランスGPで高いダウンフォースのレースに戻る。マニクール・サーキットは特にチャレンジングな部分はないが、非常にスムーズな路面が特徴だ。それはドライバーには揺れの少ない乗り心地を提供するが、一方で、パフォーマンスが温度や天候に非常に大きく依存することを意味する。ここはシーズンの中で特に好きなサーキットというわけではないが、設備は良く、サーキットのレイアウトも良いので、レースには向いている。そしてまた、ここは私がこれまでに成功を収めてきたサーキットでもある。F1で初めてのポールポジションを5年前に獲得し、2003年には優勝も果たしている。この週末のわれわれのパフォーマンスについて語るのは難しいが、最近のレースで“TF106B”は速さを見せており、日曜日にはより良い結果を期待している」



ヤルノ・トゥルーリ

「マニクールには、とても良い思い出があり、フランスを訪れるのをいつも楽しみにしている。私はF1でフランスのチームに所属していたことがあり、フランス語も話せる。それもあって、フランスのファンとは良い関係を築いており、グランドスタンドでは多くの観客が声援してくれるはずだ。また、マニクールはほぼ全ての種類のコーナーを持つテクニカルサーキットであり、F1カーをドライブするのが楽しいコースだ。高速コーナーとともに低速なヘアピンがあり、そして素早い切り返しを要求するシケインもある。このように様々な異なるコーナーを上手く走るためには、ハンドリングが重要だ。路面はシーズン中で最もスムーズな部類に入り、通常よりも車高は低くセットされる。われわれの改善されたペースを活かし、良い結果を持ち帰れることを望んでいる」

スポンサーサイト



テーマ:F1グランプリ
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

( ^▽^)

最 新 の 記 事

カテゴリー

全ての記事を表示する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カレンダー

11 | 2019/12 | 01
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

プロフィール

クールミント

Author:クールミント
タイトルのとおりの普通の関西人です。
セナに魅せられ1987年からのF1ファン。


QR

QRコード

RSSフィード

Powered By FC2ブログ