ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • バリチェロ「わずかでも前進できることを期待」

    category:F-1 ニュース

回り込み解除

73173.jpg


バルセロナ合同テストで最終日に新たなフロントウイングを出してきたホンダレーシング。
カナダに投入を目指しているBバージョン(ニック・フライはBというのは否定、アップデートと言っています)までのヨーロッパラウンドを戦う為にRA107の改善が不可欠であった。
先のテストはホンダにとっても重要なテストとなった様です。

ホンダは今週のバルセロナテストに参加し、フロントノーズにつけられた変わった形のウイングをテストした。ルーベンス・バリチェロによると、象耳ウイングは状況改善の助けにはならなかったが、その他の部分ではクルマのパフォーマンスを改善することができたという。


ちょっと斬新?な象耳風ウイングは採用されないのかも知れませんね。

合同テスト初日と2日目を担当したルーベンス・バリチェロのコメントです。
z1177936242.jpg

ホンダ、ルーベンス・バリチェロ
「僕にとってのテスト初日は何周もの走行を完了することができ、様々なテストパーツを試すことができたよ。
新しい空力パーツなど多くの設定を試し、たくさんの距離を走れたことは重要なことなんだ。今回のテストには満足しているし、正しい方向に結果が見えていると思うんだ。次のレースに向けてわずかでも前進できることを期待しているよ。僕にとって2日目となった木曜日はほとんどウェットだったけれど、40周以上をカバーしてレースウィークエンドがウェットだった場合の有意義なデータを集めることができたよ」



source : gpupdate.net~バリチェロ ホンダは改善されている
スポンサーサイト

テーマ:F1グランプリ
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

( ^▽^)

最 新 の 記 事

カテゴリー

全ての記事を表示する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ

プロフィール

クールミント

Author:クールミント
タイトルのとおりの普通の関西人です。
セナに魅せられ1987年からのF1ファン。


QR

QRコード

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。