ポラロイド写真

回り込み解除

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

回り込み解除

琢磨くん
今年も気が付けばもうあと3週間位で新年を迎える。
琢磨くんは新たなチームへ移籍し慌しい一年を過ごした。
そんな彼が今年を振り返ってとてもいい一年だったと語っている。


佐藤琢磨
「今年はとてもいいシーズンだったと思う。
開幕前に準備を進めているときには、ほんとうに参戦できるのか不安もあったが、とにかくやるんだという気持ちを持ってなんとかバーレーンのグリッドにマシンを並べることができた。
序盤はまだマシンにスピードが足りなかったが、自分としてはそれでも精一杯積極的なレースを戦ったつもり。
とにかくウチは新しいチームなので、失敗してもいいから学んでいくという気持ちで全員が結束力を持って頑張ることができたんだと思う。
そしてシーズン最後のレースで一番いいパフォーマンスが示せたのは、来年につなげる意味でも最高に素晴らしいことだった。
1年前はわずか数人で立ち上げたプロジェクトが、今は150人を超えるスタッフがチームで作業しているんだもの、こうして来年に向けて充実した準備が進められるのは、ほんとうに幸せなことだと思っている」

と語り、スーパーアグリF1チーム以外では経験出来なかった、自らが中心となり新チームを引っ張り、チームを作り上げていく仕事にもやりがいを見出した様だ。

思い返せば、ほんとに最初はアグちゃんをグリッドへ並べられるのか?とハラハラでした。
ピットワークでもドタバタっぷりは国際映像でリプレイされる位だったが、日本GPの頃には見違える程の仕事っぷりでしたよね。(停電はおいといて…)
嬉しかったのは、最終戦ブラジル決勝後に、Wタイトルを決めたルノーのピットクルーがシャンパン持って一番離れたスーパーアグリのピットクルーに健闘を称えに来てくれた事である。

スーパーアグリのちょっといい話
琢磨くん

「テールエンドを走るというのはドライバーにとってもつらいことだったけど、それでも変わらずファンが応援してくれたのはとても励みになるものだった。
みなさんの応援に心からお礼を言いたい」

私は、琢磨くんのスタイルが好きで応援している。
勿論、同胞だという部分でも応援はしているが、琢磨スタイルに魅了された人である。勿論上位を走っているに越した事はないが、周回遅れの琢磨くんを応援したのは彼のレースには「コレ位でいいだろう」とかそういう部分がない。
目の前の自分の敵とガチンコで戦う、このスタイルが大好きなのだ。これは極端な話、2位確実のレースでもスキあらばトップとのリスキーなバトルも演じてしまうのかも知れません。
実際にバリチェロに「サトウはアマチュアだ」と言われた2004年のあの時の事も彼は何も後悔していないと語っている。
これはホンダチーム以外のチームなら「ペースを落として順位をキープしろ」との指示を当然出すだろうし、守らないと罰金モノだろう。

話が脱線したが、彼がただただテールエンドでちんたらぽんたら走ってるだけのドライバーだったら応援をしていないだろう。
ファンはちゃんとみてますよ。琢磨くんが変わらず頑張っているからファンも変わらず応援するのです。少なくとも私はそうです。

source: Super Aguri F1 Team Press Release.
スポンサーサイト

テーマ:F1グランプリ
ジャンル:スポーツ

  • comment
    form

  • コメントの投稿

回り込み解除

secret

  • trackback
    form

  • トラックバック

回り込み解除


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

( ^▽^)

最 新 の 記 事

カテゴリー

全ての記事を表示する

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

プロフィール

クールミント

Author:クールミント
タイトルのとおりの普通の関西人です。
セナに魅せられ1987年からのF1ファン。


QR

QRコード

RSSフィード

Powered By FC2ブログ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。